責任が与えられる場合

Topics

気持ちを買うことのできる店

責任が与えられる場合 とにかくたくさんのアルバイト先があるので迷ってしまうという方もあるでしょう。
居酒屋やファミレスなどの飲食店から、スタジオアリスのような店舗まで、住む地域にもよりますが、たくさんの選択肢があります。
その中でも、最近利用された方はわかるかもしれませんが、カフェで働く若い方は、なんだか生き生きして、仕事に誇りをもってやっているような、そんな気がするのではないでしょうか。
もちろん、それはお店の方針で、しっかりと挨拶をすることや、笑顔で接客をすることなどは、しっかりと研修中に教えられることでしょう。
それにしても、そのようなカフェチェーンで働いている人たちは、何かをやらされているという印象ではなく、自主的にそうしているという印象を与えるのです。
たとえば、シャノアールに行くとそんな気分になります。
そこでアルバイトをしている人たちは、どのような仕事をしていても、本当に自分たちの提供する商品、サービスを愛しているということが伝わってきます。
キャッシャー部門では、笑顔ではきはきと答えてくれます。
そして、ここで感銘を受けるのは、商品の受け渡しを非常に丁寧な仕方でやってくれることです。
そこには、自分たちの商品を愛しているという気持ちと、さらにはお客さんの気持ちを大切にしているという思いの表れでしょう。
そのようにして商品を受け取ると、コーヒーを飲む側としては、そこで購入して良かったという気持ちになります。
細かい工夫としては、商品が注文されてから、実際に受け取ることができるまでの時間が、非常に短縮されています。
それもやはり、素晴らしい気遣いではないでしょうか。
とくに、冬の寒い日には、お店に入ってすぐに温かいものを飲みたいと思うものです。
さらに、蛇足ですがサンドウィッチなども、作り置きではなく、その場で手作りしてくれます。
さらには、フロア担当者の仕事ぶりにも感動します。
その人たちに、「どのようなことに心がけて働いているのですか」と聞いてみることができます。
もしそうすることができるならば、きっと「わたしがお客様だったら」という気持ちで心がけて、きれいにするようにしているということが伝わってくることでしょう。
最近では、年配の方でもあえて地元の古くからある喫茶店ではなく、このような新しいスタイルのカフェに足を運びたいと思うようです。
やはり、その理由としては、大切にされていると感じさせてくれる魅力があるからでしょう。
おいしいコーヒーを飲むことは、いろいろな場所でできるでしょう。
しかし、このような心を動かされるサービスは、特定の場所でしか受けることができません。


Copyright(c) 2022 責任が与えられる場合 All Rights Reserved.