責任が与えられる場合

Topics

やりがいを感じたいなら

責任が与えられる場合 仕事に対する認識の仕方は、人によってそれぞれです。
仕事に何を求めるかも、ある意味においてはその人の自由でしょう。
たとえば、とくにアルバイトの場合はそうですが、とにかくどのような仕事でもいいので、仕事時間に対する報酬が多ければ、何でもいいという人もいます。
その一方で、せっかく仕事をするのであれば、自分はスキルを磨きたいので、勉強になること、また将来の自分に役立てることができるような仕事がいいと考える人もいるでしょう。
また、お金がもらえなければもちろん働かないけど、できるだけ単調な作業の方がいいので、自分は倉庫番や流れ作業が向いている、と判断する人もいるでしょう。
わたしたちの住んでいる日本には、自分の希望次第で、いろいろな仕事、アルバイトをする機会があります。
たとえば、大学生や社会人でも、家庭教師や、栄光ゼミナールなどの塾で、塾講師として働くことを希望する人もいます。
そのような場合の動機としては、時間給が高いから、ということも考えられますが、それ以外にも志望動機があるかもしれません。
このような、生徒を教えるような仕事では、人と向き合っていかなければなりません。
自分の向き合い方次第では、成果が現れて、教え子が自分の、目標を達成する姿を目撃することができます。
たしかに、それほど一生懸命やらなくても、無難にこなしていればお金をもらえるでしょう。
しかし、仕事に生きがいを感じるためには、お金をもらえればそれでいいという考え方では、楽しくないかもしれません。
ですから、せっかく人間ドラマの生まれやすい環境で働いているのであれば、積極的にそれと向き合ってやっていくほうがよいでしょう。
もちろん、塾講師、家庭教師のアルバイトには、特定の難しい点が付きまとうかもしれません。
たとえば、自分の所属している会社や会の方針次第では、自分の一番得意な科目以外を教える必要があるかもしれません。
また、自分の考えるカリキュラムと、会社側が提示してくるものとの間に開きがある場合にも、やはりジレンマが存在するかもしれません。
そして、受講するこのすべてが、自主的に勉強をしてくれるわけではありません。
中には、親御さんの意志で勉強する羽目になっているような子もいますので、そのような子供に熱意をぶつけても、なかなか返ってこないこともあるでしょう。
ですから、生徒に対する期待は、あくまでも現実的なものにしなければならないでしょう。
しかし、繰り返しになりますが、取り組み方次第で、非常に達成感を味わうことができる可能性のあるアルバイトなのです。


Copyright(c) 2022 責任が与えられる場合 All Rights Reserved.